ムチャ強いフリーザと人気が続くドラゴンボール

この記事は2分で読めます

映画「復活のF」を観てきました。
懐かしくてついつい映画館に足が向いてしまったのです。

少年時代にワクワクして読んでいたドラゴンボールなので
大人だけどアニメ映画を観てしまいました。

やっぱり悟空のキャラクターはいいなと思います。
ひたすら強くなりたいという理念を相変わらず貫いている
ところがイイ。どんだけ強くなるんでしょうね。

そして、ドラゴンボールの悪役といえばフリーザです。
今回の映画はフリーザが復活するというお話。

ココから少しだけ映画の内容にふれるので、ご注意を。

フリーザは今まで修行とかしたことなかったみたいですが
今回は悟空に勝つために復活た後、初めて修行をしていました。
そしたら、ムチャ強くなっています。

強いフリーザと悟空の対決はなかなか良かったです。
アクションシーンがいっぱいです。それでこそドラゴンボールだ。

悟空とフリーザの対決も良かったのですが、誰よりも修行を
していたのは亀仙人だったのではないかと思いました(笑)
気になる人は映画館で確認してみてください。

そして、もう1つ見どころがあります。
鳥山明先生の別の漫画のキャラクターもかなり活躍するところ。

銀河パトロールジャコという漫画を事前に読んでおくと3割増で
楽しくなります。

ちなみに、映画館には子どもは男の子だけでなくて女の子もかなり
いました。そして、子どもだけでなく大人もかなりいましたよ。
子どもの保護者ではなくて。

というより、今の子どもってドラゴンボール知っているんですね。
漫画とかアニメが終わったのって、けっこう前だったようなって
思って調べたら今でもアニメやってるんですね。

映画館は満員で、男の子も女の子も、子どもも大人もいるわけです。
これってスゴイことだなと思います。

自分が子どもの頃に読んでいた漫画、子どもの頃に観ていたアニメが
今の子どもも楽しんでいるんですよね。

多分、映画館にいた親子は、子どもも保護者も楽しんでいたんだと
思います。

本当にいいものって人気が続くんですね。

漫画とかアニメだけでなくて、音楽とかでもそうですね。
20年くらい前のものでも、今聞いてもカッコいい曲ってあるし。
映画もそうかな。今見ても古くないって感じるものがあったり。

つまり、本当に良いものって、時間が経っても色あせないって
ことなんだと思います。

僕は趣味で絵本を作っていますが、時代を超えてみんなに愛される
ものを作れるって憧れてしまいます。

ということで
「本当に良い物は時代を超えて受け入れられる」ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. アンブロワジー
  2. 健康アプリ

このサイトについて

 こちらは社会の問題をビジネス視点で

 解決を考えるログです。社会貢献って

 カッコいい!詳しくはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る