高齢者専門の仕事マッチングサービス

この記事は2分で読めます

働く高齢者

日本の高齢者人口は2013年で3,186万人。
人口に占める割合は25.0%とうことで
4人に1人が高齢者です。

この割合はドンドン上がっていきます。
2025年には3,657万人で割合は30.3%。
2055年には3,626万人で割合は39.4%です。

2025年から2055年には
全体的な人口も減るので、高齢者の人口も
減りますが、割合は上がり続けると予測されています。

ということは、高齢者を支える世代が
少ないということなので、高齢者を支えていく事も
難しくなっていくわけですね。

年金だって、今と同じように貰えるわけでは
無いはずなので、高齢者としても自分たちで
お金をつくるということも視野に入れておく必要があります。

つまり、定年後も仕事をするという選択肢が
一般的になっていくのかなということです。

現在は高齢者専門の仕事マッチングサービスを
提供している会社があります。

例えば、(株)高齢社という会社。
コチラの会社はカンブリア宮殿でも紹介されています。
因みに僕が携わっているNPOの勉強会でも講演して
いただきました。

高齢者の働く場所を提供するという
社会に貢献する素晴らしいビジネスだと思います。

高齢社の創業者、上田会長は
東京ガスに検針員として入社して理事まで上り詰めた方です。
その後、2000年に高齢社を設立。

高齢者の中にもまだ働きたい!と思う人は多くて
そういう方に「働く場=生きがい」を提供している
ということです。

ビジネスモデルとしては
高齢社と働きたい高齢者が契約を結びます。
そして、高齢社と労働派遣契約を締結している企業に
働きたい高齢者を派遣するという流れです。

icon_006

高齢者の仕事内容としては
営業、運転手、ショールームの受付、水泳のインストラクター
などなど100種類近くあるようです。

さらに2012年には家事代行サービス「かじワン」を
スタートしています。
(現在は高齢社から分離・独立しています)

こちらは中古年女性の労働の場の提供です。
男性に比べて、中高年の女性が活躍できる場が
限定的になる傾向があるので、
このようなサービスを立ち上げたということです。

高齢者が仕事をする事については
様々なメリットがあると考えられます。

まずは働く高齢者のメリット

これまで働いてきて、定年をむかえて家で過ごす。
最初はのんびりできていいかもしれませんが、
「生きがい」がなくなったという人の意見も多く聞きます。

そのような人達に働く場を提供しているとともに
生きがいを提供する事になります。

また、働く日程や時間もある程度自由度が高いので
無理なく働く事ができるのです。

無理なく働く事ができるというのは
身心の健康の維持にもつながると思うんですよね。
交流もできますし。

高齢者が介護などが必要になる場合は
外出機会が少なくなって、家に引きこもりがちになる。
→身体機能が低下していく
→寝たきりの状態になる
→介護が必要になる

というような流れがあると考えられますが

仕事をすることで、引きこもりという状況が
防げるんですね。
それはつまり、介護状態になる事の予防になるわけです。

今後、年金も少なくなってくることを考えると、
自分でお金が稼げるというのは重要な事だと思います。

企業にもメリットがあります。

基本的には高齢者がこれまで仕事をしてきた
分野に近い企業に派遣されますので、即戦力なるんです。

色々な技術や知識を持っているので、
若手への技術や知識の継承という点でも役に立ちます。

高齢者の場合は、人件費も低くおさえることもできるので
企業としてもメリットが大きいんです。

更に言うと国としてもメリットがありますよね。

生きがを持って働く高齢者が増えれば
活気もありますし

前述しましたが、高齢者が生きがいを持って働くことで
介護予防にもつながるということで、

介護や医療に必要な費用もおさえられるということです。

以上の様に高齢者が働くことで高齢化の色々な問題の
解決につながるということです。

高齢者が活躍できる場を作る事は
今後さらに重要度が高くなると考えられます。
高齢社さんのような理念でビジネスを展開することの
必要性も高くなるということです。

ということで
「高齢者が働く環境を作ることは、様々なメリットを創出する」
ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 学校

このサイトについて

 こちらは社会の問題をビジネス視点で

 解決を考えるログです。社会貢献って

 カッコいい!詳しくはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る