無料の情報共有ツールを使いこなそう

この記事は2分で読めます

チャットワーク

僕は何人かの友人と
医療・福祉系の情報サイトを作成しています。

記事で扱うテーマについてみんなで意見交換をして

僕が文章の大まかな構成とイラストを描いて
Aさんが文章を作成して
Bさんがサイトのアップやメンテナンスをする

みたいな感じで作業は分担しています。

普段は、それぞれ仕事をしているので
サイト作成のために実際に会って打ち合わせをする
ということはしていません。

実際に顔を合わすのは1年に2,3回くらい。

でも、意見交換などは週に1,2回やっています。

どういうことかというと
無料の情報共有ツールを使ってやりとりをしている
ということなんです。

具体的には
エバーノート
ドロップボックス
チャットワーク

この3つを使う事で、
実際に会わなくても情報交換や意見交換や
打ち合わせみたいなことはできてしまいます。

まずはそれぞれの
ツールの簡単な概要をお伝えします。

【エバーノート】
テキスト、画像、音声、PDFなんかのデータを保存できます。

例えば、気になったものを写真で撮っておく、
思いついたアイデアを喋って録音しておく、
気になったウェブサイトを登録しておく、

みたいな感じです。

パソコンからもスマートフォンからもアクセスできるし
タグづけできるので、すぐに必要な情報も取り出せるので
かなり便利です。

僕の場合は
サイト作成にネタに出来そうな情報を
忘れないように収集して
一元管理しておいて、必要な時に引き出すみたいな感じです。

【ドロップボックス】
色々な形式のデータを保存することができます。
容量も2Gくらいは保存できたはずなので、かなり使い勝手が
良いです。

こちらも複数のパソコンやスマートフォンからもアクセス
できます。

今までUSBでデータをAのパソコンからBのパソコンへ
移動していたようなことも必要なくなります。

ドロップボックスの中に入れておけば、どこからでも
アクセスできるのでOKです。

僕の場合は
サイトに作成するイラストとか文章の構成メモとかを
作成したらドロップぼっくの中に入れておいて、

文章を書くAさんとか、サイトにアップするBさんと
データを共有しています。

【チャットワーク】
このチャットワークを使って意見交換などをしています。
グループチャットでコミュニケーションができるし

タスク管理の機能がついているので便利です。
タスク管理はいつまでに何をするみたいなことを
管理して、作業の漏れを防ぐ感じです。

僕はあまり利用していないですが、
チャットワークでもファイルの共有も可能です。

僕の場合は
「イラスト、文章メモ作成しました。
ドロップボックスに保存したので確認お願いします。」
とメッセージを送っておきます。

するとAさんとBさんがそれに対して意見をくれる
という流れになっています。
時にはリアルタイムでチャットをして意見交換をします。

というような感じで
エバーノート、ドロップボックス、チャットワークを
使っているわけです。

コレが全部無料です。

顔を合わせないでコミュニケーションをとるのが
あまり得意ではないのですが
アナログな部分があって・・・(笑)

ただ、こういうツールを使うと実際に会うことなく
複数人で情報交換をしたり、データを共有したり、打ち合わせ
みたいなことができてしまうというわけです。

僕が医療・福祉系の情報サイトを複数人で
作っているのは

意見交換をすることでより良いものになると思ったし
1人でやるより効率もいいと思ったからです。

だから、このツールがあることで非常に助かっている
ということです。

ということで
「無料の情報共有ツールを利用すると、
複数人での作業も超効率的に行える」というわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ドラえもん
  2. ダブルモニター
  3. 勉強

このサイトについて

 こちらは社会の問題をビジネス視点で

 解決を考えるログです。社会貢献って

 カッコいい!詳しくはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る