枕の高さと首の負担・肩こり・頭痛の関係

この記事は2分で読めます

枕は重要です。
年度末は忙しくて深夜までパソコンに向かっていることもあって
首の負担だとか肩こりというのが激しかったんですよね。

それで整骨院なんかにも行って、かなりマシになったわけですが
首のだるさがおさまらない。前々から気になっていたんですが
どうも枕の高さが合っていないみたいなんです。

たまに、枕無しで寝てみると次の朝、首のだるさがあんまり
感じなかったんですよね。

それで枕専門店に行ってみました。
枕の専門家に色々と教えてもらったわけです。

普通の枕だと高さがあるから、やはり首に負担がかかりやすい
ということです。

それでいくつか自分に合いそうな高さを確認するために試しに
いくつかの枕を使わせてもらいました。

仰向けで寝ることが多いなら4cmくらいの高さのものがいいと
いうことで。
横向きが多いと+1cmくらい。5cmとかですね。

これには個人差があるみたいですが、僕は横向きで寝ることが
多いのでとりあえず5cmくらいの高さにもものを購入しました。

ちなみにテンピュールのまくらです。
大リーグのイチロー選手も、アメリカに渡った時には
テンピュールの枕を持って行ったようです。

実際に使ってみた感想としては、今まで使っていた枕より
高さが低いことと、あんまり反発もないし、首へフィット
するということもあって次の朝の首のだるさはあまり感じません。

結果的にかなり楽になったということです。

今まで枕にお金をかけたことなくて、枕に1万円以上出すという
発想はなかったのですが、とても価値のある買い物ができました。

おすすめはアウトレットなんかで購入するといいかもしれません。
僕は、通常の金額の5千円くらい安いものを購入することができました。
たまに人気の無い色のものとかが安くなったりしています。
色なんて枕カバーをつけるからどうでもいいですもんね。

まぁ5千円安くなっても1万円以上の買い物でしたが
なんで価値を感じたかというと、1万円以上の効果があると
感じたからです。

だって首の負担が軽減されて毎朝快適になるわけですからね。
整骨院とかマッサージに行き続けることを考えると安いモノです。

また、枕の高さが合わない人には肩こりや頭痛の原因になることも
あるようで、自分に合った枕を使うことで肩こりや頭痛が解消されたり
軽減されたという話を聞いたこともあります。

このように悩みを解消してくれるなら、たとえ1万円でも高いとは
感じないわけですね。

1万円=高いというわけではないのです。
1万円がもたらす効果に価値を感じるかどうかということですね。

だから、自分が商品やサービスを提供するということがあるのなら
金額以上の価値を提供することができれば安いと思ってもらえるし
逆に金額以下の価値しか提供する事ができなければ高いと思われて
しまうのです。

ということで
「金額以上の価値を提供する意識を持つ事が重要」ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ビジネスイメージ
  2. ツイッター
  3. 文章を書く

このサイトについて

 こちらは社会の問題をビジネス視点で

 解決を考えるログです。社会貢献って

 カッコいい!詳しくはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る