ジュラシックパークの最新作「ジュラシックワールド」動画とあらすじ

この記事は2分で読めます

少年だった頃の僕があのCGにめちゃめちゃ感動したのを思い出した。

2015年の夏にジュラシックパークの最新作である
ジュラシックワールドが公開されるみたいです!
日本では2015年8月7日に公開予定ということみたいです。

動画を見つけたので紹介します。

出典:youtube.Jurassic World – Official Trailer (HD)

最初のジュラシックパークは1993年に映画で公開。
その頃はまだCGが出始めたくらいのころだったような気が
しますが、あの恐竜が動く映像にはかなり興奮しました。

で、ストーリーも当時は斬新だったんですよね。

あらすじは
琥珀に閉じ込められた大昔の蚊、恐竜の血を吸っていた蚊です。
その蚊から恐竜のDNAを取り出して恐竜を再生させてしまう
というものです。

で、その恐竜でテーマパークをつくってしまうというもの。
それで考古学者なんかの専門家たちにジュラシックパークを
視察してもらって、その視察中に色々と事件が起きてかなり
危険な目に合うという感じの話でした。

その後、ジュラシックパーク2と3も公開されて、
正直、この2作はちょっと残念でした・・・個人的には
あまり面白くなかったかな。

でも、最初のジュラシックパークはかなりお気に入りの
作品です。

今回のジュラシックワールドですが
いよいよ恐竜のテーマパークを一般公開してしまうという
話みたいです。

最初の作品から約20年ぶりの最新作。続編2作はいまいち
だったけど、なんだかワクワクしてしまいます。

恐竜という今では見ることができないものが復活するなんて
ロマンを感じてしまうわけです。

このワクワクする感覚。とか、ロマンを感じるのって
人にとって重要だと思うんですよね。

原作者のマイケル・クライトンが作るストーリーは
かなり面白い。
たぶん科学的な根拠とか色々と膨大に調べまくって
いるんだと思います。

それがリアリティにつながっているのかなと思うんです。

ジュラシックパーク以外にも色々と作品がありますが
恐怖の存在という作品もかなり面白い。
気象をあやつる環境テロリストの話だったと思いますが
お勧めです。

これも地球温暖化のデータについて色々と説明が出て来るんですが
それで、ストーリーに厚みが出ているんですね。

やはり裏付けというか根拠みたいな部分、見えない背景
みたいなものがしっかりしているものとそうでないものでは
厚みが違う。

これは仕事におきかえても同じ事が言えると思うんですよね。

例えば営業で商品説明をする時、その商品の表面的な部分しか
分かっていない営業マンの話って薄っぺらいと思うし買う気には
ならないでしょう。

でも、その商品以外のことも色々知っていて、類似の事例だとか
対比の事例だとかを知っていて、そのうえで、その商品のメリット
なんかを話してくれたり

どんな人にとって、どんな場面でその商品がより力を発揮して
くれるのかとか、その人のライフスタイルに合わせた話をして
くれたりしたら

買いたくなってしまう可能性は高いのではないかと思います。

後者のように色々な話をするには、様々な情報収集だったり
根拠を持っておく必要があるのですね。

作家でも、仕事でも、スポーツ選手など何でもそうだと思いますが
良いパフォーマンスができる人は、その背景にしっかりとした
土台があるんだと思います。

それは1日とか短時間でできるものでなくて継続的な努力の中で
出来て来るものだと思います。

ということで
「高いパフォーマンスの裏には、努力でつくる質の高い根拠がある」
ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 健康アプリ
  2. 残業
  3. やる気スイッチ

このサイトについて

 こちらは社会の問題をビジネス視点で

 解決を考えるログです。社会貢献って

 カッコいい!詳しくはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る