デパートのイベント企画と高齢者の健康づくり

この記事は2分で読めます

デパート

NPOの活動などで付き合いのあるリハビリの医師は
よく言っていることを言っています。

高齢者や障害者のリハビリには、
病院だけでリハビリするのではなく
積極的にまちに出て歩くことや地域の人と交流することが
効果的ということです。

このリハビリ医師は、テレビなんかにも出たり
様々なメディアにも出てくる有名人なんですが
リハビリとまちづくりについても色々と考えている人です。

まちづくりに携わる僕としては、
その考え方に賛成なわけですが、高齢者や障害者が
安心して歩くことができる歩道が必要なわけです。

歩きやすくて、幅も広くて、季節も感じられるような
歩道があるといいのですが、
高齢者や障害者が安心して楽しく歩ける歩道というのは
そんなに多いわけではありません。

では高齢者や障害者が安心して歩ける環境を
どうつくるかというわけなんですが

そこで目をつけたのがデパートです。
デパートは下のフロアから上のフロアまで歩けば
けっこうな距離になります。

凹凸も無く歩きやすいですし、
通路の幅も確保されています。
雨が降っても問題なく歩けます。

後述しますが、デパートにもメリットがつくれると
考えられるのでデパートで高齢者が歩くイベントを
NPOで企画することも可能じゃないかなと思いました。

それで知り合いのウォーキングイベントを
企画する専門家に聞いてみたんですよね。

「デパートでウォーキングイベントとかってできますかね?」
そうすると
こんな答えが返ってきました。

「できるよ。っていうか、やったことあるよ。」

銀座のデパートとコラボ企画で
高齢者を中心としたウォーキングイベントを
やったことがあるということでした。

楽しんでウォーキングができるということで
普段、ウォーキングイベントに参加しない様な人も
含めて参加者はかなり集まったみたいです。

ウォーキングイベント参加者は
少し割引したものを買い物ができたり、
特別に試食が出来たりしたみたいです。

デパート側のメリットとしては
こういう企画で利用したデパートは記憶に
残りやすいんですよね。

だから、近くに寄った時には
あのデパートへ行こうってなるんですね。

後は口コミです。
「ウォーキングイベントで銀座の○○デパートに
行って、□□がすごく美味しかったよ」

みたな感じで家族や友人に話をするんですよね。
口コミは最強のプロモーションですからね。

でもって、企業のイメージアップにも
つながりますよね。

高齢者の健康づくりで、こんな取り組みをしました。
とPRすれば、あの企業は社会貢献もしているんだな~って
思われて良いイメージがつくられます。

高齢者は楽しく安全にウォーキングができて
デパートは効果的にPRが出来るという事です。

一見、関係無い別の要素でも組み合わせることで
新しいメリットが生まれることがあるという事例ですね。

という事で
「異なる要素の組み合わせでもお互いのメリットを
つくれるものを組み合わせる視点を持つことは重要」
ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ウォーキング
  2. ハッピーローソン
  3. 誘導ブロック
  4. 勝どき

このサイトについて

 こちらは社会の問題をビジネス視点で

 解決を考えるログです。社会貢献って

 カッコいい!詳しくはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る